ベビーマッサージ

必ずパッチテストを行います

ベビー&チャイルドマッサージでは多くの場合、オイルを使用しています。


かわいいお子さまの肌に直接つけるオイル。
ママにしてみれば、気にならない訳がありません。


ベビー&チャイルドマッサージにおけるオイル使用について、ご説明します。



■肌への摩擦を和らげますオイルを使うことによって、マッサージの際のお子さまの肌とママの手の摩擦を和らげることができます。またオイルは、ママの手の滑りをよくしてくれますので、マッサージもやりやすくなります。
■体温の低下を防ぎますマッサージ中、お子さまは裸になっています。オイルを塗ることによってお子さまの肌をバリアし、体温の低下を防いでくれます。

 



●オイルと湿疹●


ベビー&チャイルドマッサージ後、ごくまれに、湿疹が出るお子さまもいます。
しかし、湿疹=アレルギーとは限りません。
マッサージすることによって、血行がよくなり、代謝が活発となって、それによって湿疹が出てくることもあるからです。
ベビー&チャイルドマッサージ後に湿疹が出た時は、慌てず、以下の点に留意しながら、お子さまの様子を見てあげてください。

①お熱はないかどうか
②食欲はいつも通りかどうか
③いつも通り元気かどうか
④湿疹をかゆがっていないかどうか

これらに問題がなければ、特に心配のない湿疹だと思われます。

ただ、小さなお子さまの事ですので、ご不安でしたら、かかりつけのお医者様にご相談されることをお勧めします。


子育て経験者の立場からのアドバイスであればハピハグでも対応できますので、何か気になる事などございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください。

 

 


●ハピハグでのオイルの取り扱いについて●


ハピハグのベビー&チャイルドマッサージ教室では、「グレープシードオイル」を使用しています。


お子さまの肌にとって優しいものを…との思いから、オイル選びにはこだわっています。


また教室では、毎回必ずパッチテストを行っています


お子さまの肌は敏感で、毎日変化しています。
昨日は大丈夫でも、今日はちょっと赤くなった…ということもあるからです。


ベビー&チャイルドマッサージはオイルを使わなければ効果がない、というものではありません!
お子さまにとって一番大切なのは、ママの愛情。
オイルを使わなくても、ママの手で触れてあげることで、マッサージの効果は十分に期待できます。


そのため、ハピハグでは、たとえパッチテストで問題がなくても、オイルの使用はママの判断に委ねています。
ママがオイル使用を控えたい時は、遠慮なく「オイルは使いません」とお声をかけてください。